So-net無料ブログ作成
検索選択

周防大島 オレンジロード戦橋 [周防大島]

戦橋

昭和48年1月12日、大規模農道の起工式が行われました。この農道は、広域営農団地農道整備事業として進められるもので①農産物の主産地と消費地を結び、新鮮なみかんを早く市場に届ける。②架橋完成に伴う道路網の整備。の二点が柱になっています。

道路は大島大橋を起点に、一方は屋代を経て橘町へ、又もう一方は久賀町を経て橘町へ。そして、橘町日良居地区で合流して、東和町油宇に至ります。

この事業は総工費五二億円。全長四七キロメートル、幅七メートルで完全舗装。

山の中を走るため、油宇小松間の時間短縮に役立つほか、島のスカイラインとして、今後の観光開発にも大きな期待がかけられています。

そして今年度は、大島町側より一・四キロメートルの工事が進められ、町内でも、油宇側より和田地区までの測量と用地買収が行われます。昭和49年度からは本格的工事が始まり、昭和53年度に全線完成の予定です。

なお、この事業は県事業で、町としてもこの事業を強力に進めるため推進委員会を組織しました。

町民のみなさまにおかれましても、この農道建設の主旨をよく理解され、早期完成のためご協力をお願いいあたします。
(昭和49年二月1日とうわ広報より)

オレンジロードの神浦・船越線を通っている時、珍しい名前の橋を見つけた。「戦橋」。

SSCN2178.JPG

SSCN2179.JPG





周防大島の風景2008年へ戻る


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました