So-net無料ブログ作成
検索選択

周防大島 島末城跡 [周防大島]

城山

島末城は、源平合戦の終盤(1184年)に平知盛が決戦を迎える覚悟で周防大島に築いた山城である。鎌倉時代の史書吾妻鏡には「大島は平氏謀反の時、新大納言(知盛)城を構えて居住旬月に及ぶ・・・」とある。この旬月というのは現在では1ヶ月を意味するが、古代においては半年ないし1年をさす。知盛はその後、壇ノ浦の戦いで入水し、平家は滅亡した。
(「島末の文化遺産を歩く」尾野榮明著より)

東和病院の東に台形の山が見える。ここには源平合戦の時代、島末城があった。
武勇の将であった平知盛は、一ノ谷を追われこの地に城を築いたが、源氏の軍勢に攻められ壇ノ浦で最期を遂げた。

SSCN1433.JPG

SSCN1434.JPG





周防大島の風景2008年へ戻る


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。